【ジムビーム】はまずい?うまい飲み方はハイボール!?飲み方や種類を徹底解説!!

どーもVOXです

『ジムビームってまずくね?』

ググってみたり、SNSを見たりするとこんな書き込み意外と多いですよね、、、メーカーズマークの記事でも書いた通り、バーボンはくせがあります

そのくせによって飲みにくいからまずいのか、それともそもそもまずいのか、、、これはもう身も蓋もありませんが人それぞれですwしょうがない

僕の知り合いで、「角ハイは何杯でもいけるのにビームハイは2,3杯飲むと気持ち悪くなる」という人もいます
※因みにこの人は『ジムビームはまずい』とは言ってません。単に相性なんでしょうね、、、

僕がジムビームに出した結論としては

・スコッチやジャパニーズが好みの人は無理
・流石にホワイトラベルは安価なので値段相当の味
・飲み方次第でうまくなる!

こんな感じです。早速解説していきます

本記事の内容

・【ジムビーム】について 
・【ジムビーム】のうまい飲み方
・【ジムビーム】の種類(ラインナップ)について

本記事の信頼性

この記事を書いているVOXは
・ウイスキー検定2級
・ウイスキー歴9年
・カフェバーの店長歴6年

スポンサーリンク

バーボンウイスキー【ジムビーム】

まずはジムビームについて紹介します

ジムビームはバーボンウイスキーの中でNo1の売上を誇ります
アメリカンウイスキーの中でもジャックダニエルに次いで2位の売上です

日本では2014年にサントリーがジムビームを買収してから一気に人気になりました
ハイボールブームとCMのうまさで知名度爆上がりでしたよね

ジムビームの歴史は長く、1795年に蒸留・製造がスタートしました
以来7世代にわたってビーム一族が経営に携わっています
※創始者はヨハネス・ヤーコブ・ベームですが、のちにジェイコブ・ビームに改名しています

因みに、ジムビームを製造しているジムビーム蒸溜所ではバーボンの最高峰と言われる【ブッカーズ】も製造しています

【ジムビーム】のおすすめの飲み方

ジムビームのおすすめの飲み方はやはり「ハイボール」でしょうか

HPでもCMでもハイボール推しですよね

ジムビームに限らず、安価なウイスキーはやはりアレンジして飲む方がおすすめです

他には「コークハイ」もおすすめです

地元(アメリカ)の人の多くは『bourbon&coke』とオーダーしてきます
アメリカの人の多くがこの飲み方で飲んでいる、ということはおすすめなんでしょう!w

最後に、僕のおすすめの飲み方は

「ソーダ&アンゴスチュラビターズ&ジンジャー」です

ハイボールの「飲みやすさ」とアンゴスチュラビターズのちょっとした「苦み」生姜のピリッとした「スパイシーさ」が絶妙です

ぜひ試してみてください
ハイボールにアンゴスチュラビターズを1滴、すりおろした生姜を少量入れるだけ
簡単ですよね

【ジムビーム】のラインナップ(種類)

次はジムビームのラインナップを紹介していきます

ジムビーム ホワイト

ジムビーム ホワイトはいわゆるノンエイジです

大粒・高品質のデントコーンを原料に用い、代々受け継がれる秘伝の酵母と伝統の製法によって作られます
香りや味わいの要素がバランスよく調和し、心地よい飲み口が特長

フレーバーは、甘く軽やかなキャラメルやバニラほのかな樽のニュアンス

ジムビーム ブラック

ジムビーム ブラックは6年以上の樽熟成を経たプレミアムバーボン(ホワイトは4年以上)

長期間熟成することによって、ジムビーム ブラックのフルボディの風味にスムースなカラメルと芳ばしいオークの香りをさらにつけることができる

フレーバーは、穏やかな甘み・オーク樽のニュアンスと香ばしい穀物様がじっくりと広がる

ジムビーム ハニー

ジムビーム ハニーは、カラメル・オーク・バニラが複雑に絡みあい、最後にふと漂う甘い蜜の香りが特徴のバーボンベースのリキュール

フレーバーは、ハチミツ・バニラ・キャラメル・ほのかに樽の感覚

ジムビーム アップル

ジムビーム アップルはバーボンとジューシーなリンゴのスッキリとした味わい
ストレートで、ロックで、そしてソーダとスライスしたリンゴを添えても楽しめる商品

フレーバーは、ジューシーな青りんごの甘み・バーボンのバニラの甘味

ジムビーム ライ

ジムビーム ライは、禁酒法以前のスタイルであるライウイスキーを踏襲する形で復活したウイスキー

ライ麦の生産量が減少していく中にあってライウイスキーも稀少となっているが、ジムビームでは1945年の夏より発売しつづけている

フレーバーは、ハーブ的なニュアンス・バニラの甘み

ジムビーム デビルズカット

ジムビーム デビルズカットは、大胆にも「悪魔の取り分」まで奪った、力強い味わい
※熟成後、樽からバーボンが出された後も、樽材にしみ込んで微量に残る原酒を「デビルズカット」(悪魔の取り分)と呼ぶ

熟成終了後、樽から原酒を払い出した際、樽材の内部から抽出させた深みある複雑な味わいを備えたバーボン

フレーバーは、まろやかな甘み・ほどよいコクと厚みのある奥深い味わい

ジムビーム ダブルオーク

ジムビーム ダブルオークは、他のバーボンと大きく違うのは、2つの樽を使い2度熟成させること

フレーバーは、甘いキャラメルやバニラ・樽由来の力強いスパイシーさ

まとめ

今回は【ジムビーム】を紹介しました

ジムビームがまずいと感じる人は、アレンジして飲んでみたり、熟成年数の長い「ブラック」や、個性が強い「ライ」をおすすめします

少しジムビームの印象が変わると思いますよ!是非試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました