ウイスキー【知多】うまい飲み方はハイボール!作り方のポイントも紹介!

どーもVOXです

『サントリーのウイスキー【知多】ってどんなウイスキー?美味しいのかな?おすすめの飲み方は?』
『モルトウイスキー、ブレンデッドウイスキーは聞いたことあるけど、グレーンウイスキーって何?』

こんな疑問にお答えします

本記事の内容

・サントリーウイスキー【知多】とは?グレーンウイスキーとは?
・【知多】の美味しい飲み方はハイボール!
・ウイスキー【知多】の価格は?今後の値上がりは?

本記事の信頼性

この記事を書いているVOXは
・ウイスキー検定2級
・ウイスキー歴9年
・カフェバーの店長歴6年

今のウイスキーの流行はシングルモルトウイスキーですよね。そして飲みやすさ・商品化しやすいウイスキーはブレンデッドウイスキーです

ブレンデッドウイスキーは簡単に説明すると、モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたものです

シングルグレーンウイスキーはあまり商品化されていません。なぜでしょうか?

今回はそんな疑問にも答えつつ、シングルグレーンウイスキー【知多】を紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

シングルグレーンウイスキー【知多】

ウイスキー【知多】は愛知県の知多半島にある知多市に蒸留所があります。残念ながら工場見学はできませんが入り口付近までは行けます。パッと見は工場そのものです

シングルグレーンウイスキー

冒頭から触れているように、ウイスキー【知多】はシングルグレーンウイスキーです

グレーンウイスキーとは、トウモロコシやライ麦、小麦などの穀物と麦芽を原料として作られるウイスキーです

風味が軽く、くせが弱いウイスキーで「サイレント(音がしない)スピリッツ」とも呼ばれます
モルトウイスキーは逆に、風味の個性が強く、くせが強いウイスキーで「ラウド(やかましい)スピリッツ」とも呼ばれます

そのくせが強いモルトウイスキーを、くせが弱いグレーンウイスキーで和らげたウイスキーがブレンデッドウイスキーです。だから飲みやすいんですね

グレーンウイスキーもくせが弱く、風味も軽いため飲みやすいです。しかし現在のウイスキー好きの人はくせが強い、パンチの効いたウイスキーを好む傾向にあるので、商品化されるのはモルトウイスキー>グレーンウイスキーということになります

つまり、グレーンウイスキーはウイスキー初心者の人、あのウイスキー独特の香りが苦手な人にはおすすめのウイスキーということになります!

ウイスキー【知多】の美味しい飲み方はハイボール

先ほどグレーンウイスキー【知多】は飲みやすい。と説明しました

しかし、そのまま(ストレートやロック)飲むと、モルトウイスキー等を好む玄人の人にとっては少し物足りない、、、
一方で初心者の人やウイスキー独特の香りが苦手な人にとってはやはりそのまま飲むのは厳しい、、、

そこで今回おすすめする飲み方はソーダ割り(ハイボール)です。【知多】の公式サイトにも「ハイボールで花開く」と載っています

「風のように軽やか」と表現しているように、【知多】の風のような軽やかさと、炭酸の爽快さが絶妙なハーモニーを醸し出しています

美味しい知多ハイボールの作り方

①グラスにたっぷり氷を入れる
※氷をたっぷり入れる理由は、グラスを冷やすためだったり、氷を溶けにくくするためです

②【知多】を30ml注ぎ入れ、かき混ぜる
※量はグラスの大きさによって調整してください。「ウイスキー1:炭酸水3~4」がおすすめです。かき混ぜる理由はウイスキーを冷やすためです

③冷えた炭酸水を氷に当てないように静かに注ぐ
※炭酸水は必ず冷やしたものを使用してください。氷に当てない理由は炭酸ガスが抜けないようにするためです

④炭酸ガスが抜けないように縦に一回混ぜたら完成
※縦に一回というのは、一番下の氷を少し持ち上げる、というイメージです。クルクルと回すように混ぜないでください。炭酸ガスが抜けてしまいます

ウイスキー【知多】の価格

ジャパニーズウイスキーは原酒不足のため値上がりしているものもたくさんあります

【知多】も一時期、原酒不足と言われ「350ml」が販売中止になったりして、入手困難になるかな?と思われていましたが、現在はネットは勿論、スーパーなどの店頭にも並んでいます

【知多】の価格は、メーカー小売価格で税込み4,180円です。ネットでは3,500円くらいで購入できるところもあります

一昔前までは「山崎」も「白州」もこれくらいの価格で購入できたんですが、、、

今後、他のジャパニーズウイスキー同様【知多】も値上がりするのか

【知多】が商品化された理由は「山崎」「白州」の原酒不足による生産縮小を補うため、とも言われています

もともと知多蒸留所ではサントリーの「響」や「角」、「白角」といったブレンデッドウイスキーに使用するグレーンウイスキーを生産していました

「響17年」や「白角」は販売休止になりました。こういったところで生産を調整しているのでしょう

では【知多】は値上がりするのか?

これに関しては冒頭で触れたように、現在の流行はシングルモルトウイスキーです。なので「山崎」や「白州」はサントリーの予測以上に売れ、原酒不足になりました

ですので今後よほどのことが無い限り【知多】の値上がりは無いのではないでしょうか、、、あくまでも個人的な意見です!w

まとめ:【知多】はシングルグレーンウイスキーでありながら商品化された魅力あふれるウイスキー!

今回はシングルグレーンウイスキー【知多】について紹介してきました

グレーンウイスキーは現在の流行(モルトウイスキー)ではなく、イメージとしてはブレンデッドウイスキーのブレンド用ウイスキーなのであまり商品化されていません

そんな中【知多】はシングルグレーンウイスキーでありながら商品化された魅力たっぷりなウイスキーです。そして「美味しい」という評価も多数あります

おすすめの飲み方はソーダ割り(ハイボール)です!

僕は愛知県に住んでいますので【知多】に思い入れがあり、普段から何気なく意識しているウイスキーですが、そうでない人は是非この機会にウイスキー【知多】を堪能してみてください!

ウイスキーの幅が広がると思いますよ!

タイトルとURLをコピーしました